July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

バランスボールで腰痛改善!続けられる3つの方法

バランスボールを買ったはいいけど、3日坊主で誇りをかぶってませんか?


簡単に続けられるコツがあります!

1、デスクの椅子。ダイニングテーブルの椅子として使う。

パソコンデスクや勉強机の椅子として使うのはとても理にかなっています。
腰痛の原因の1つとして、同じ姿勢を取り続けることによる筋肉の硬直があります。
長時間同じ姿勢で椅子に座っているのはもってのほかなのです。
パソコンの画面を見ている時にボールを前後に動かしたり、時計回りや反時計回りに回してみてください。

前後に動かす---骨盤をねかす!立てるのストレッチが自然にできる。

時計回り(反時計回)に動かす--腰方形筋、脊柱起立筋のストレッチが自然にできる。

腰に手をあてて、時計回りに回してみてください。筋肉が動いていることが実感できます。
普通の椅子に座っている時は全く動いていないので、その差を実感できますね。


2、テレビを見るとき、読書する時の椅子にする。

こちらの空き時間も有効に使ってください。
寝転んでテレビを見ているなんてもったいない!
テレビを見て、笑いながら股関節をまわりの硬さをほぐすことができます。
やり方は簡単(1)のように前後に動かす、時計回り、反時計回りに回す、左右に動かすです。
足を床について腰を動かすと股関節も連動して動いているので周りの筋肉もゆるみます。


3、暇な時に上下にバウンドする。

暇な時に正しく骨盤を立てて座り、上下にバウンドしてみてください。
椎間板に刺激をあたえます。体がポカポカしてきますよ。トランポリンのような感じですね。
この時に体をひねらないことが大切です!
また椎間板が悪い方はやらないでくださいね。


この(1)〜(3)の方法はすぐできることばかりです。
ぜひ、毎日の習慣にしてみて下さいね。
私はバランスボールを直接床に置いてぐるんぐるんと回していますが、
なれない方はご年配の方は固定リングがあると便利です。

少しお値段は高くなりますが、こちらのスポーツオアシスさんのバランスボールがおすすめです。
体操のDVDもセットになっているので、ストレッチボール教室にいかなくてもご自宅で運動ができますよ。

また椅子にするにはデスクとの兼ね合いがありますので、直径65cmか75cmがおすすめです。




バランスボール









comments

   

trackback

pagetop